【妻の大きな決断】結婚して1年で夫が正社員を辞めたいと言ってきた話

こんにちは、あーちゃん(@a_aaachan7)です!

 

結婚して1年が経とうとしていた頃、
新居にも慣れ、生活も落ち着いてきた頃のことです。

 

突然、夫から『仕事(正社員)辞めたい』発言がありました。

 

そのとき、
妻として、元同僚として、何を思ったか。
そしてどんな風に決断していったかのお話です。

出会いと結婚生活

私たち夫婦は同じ職場で同期として出会い、結婚に至りました。
当時は2人とも正社員で国家プロジェクトに携わる堅めの仕事をしていました。

 

日常的に高残業で男社会の職場。
仕事は責任重大でキツく大変でしたが、やりがいのある充実したものでした。

 

ですが、結婚したら家庭のこともしっかりやりたいと考えていた私は、結婚と同時に正社員の仕事を辞め、派遣社員として別の会社で働きながら家計を支えていました。

悩んでいた夫

結婚する直前に夫は部署が変わりましたが、今思えばその辺りから仕事内容や人間関係で悩んでいたんだと思います。

 

人生生きていればいろいろあると思いますが、あの頃の夫は死にそうな顔で会社へ出社し、夜遅くに死にそうな顔で帰ってきていました。

 

私に心配かけまいとして明るく振舞っているようでしたが、明らかにいつも疲れていて変でした。

 

そんな生活が1年も続き、休日のよく晴れたある日。
夫から

 

『俺、仕事辞めようかな』と衝撃の発言でした。

 

転職したいのかと思いよく話を聞くと、そうではなく
今の業界に悩んでいること、そしてWebエンジニアになってフリーランスになりたいとのことでした。

 

正社員で一つの会社に勤め上げることが美徳という日本の古い考えを当たり前だとおもっていた私にはフリーランスという働き方は理解を超えてしまっていました。

 

そして恥ずかしながら、Webエンジニアという職業のことを全く知りませんでした。

 

冗談だと思いたかったですが、夫はそういうことを冗談で言うタイプの人間ではないことは私が一番よく分かっていました。

 

そこで、私も勤めて冷静に答えは一旦保留にして、フリーランスという働き方がどんなものなのか、Webエンジニアがどういった職業なのかを調べてみることにしました。

妻の大きな決断

調べると確かに夢のようなことが書いてありました。
誰でもなれるとか、リモートワークという在宅で仕事ができるとか、、、などなど

 

初めは正直胡散臭いと思いました。
だれでも簡単に高収入を得られるならみんな既にやってるだろうと、、、。

 

しかし、調べれば調べるほどこれから伸びる分野であることがよくわかってきました。

 

また勉強する努力を怠らなければ、そこまで高い学力なしである程度のレベルにいけることや、続々とこの分野に足を踏み入れる人が増えつつあるということ。

 

さまざまな情報を知ることとなり、この業界に行くなら今だと私も思ったのでした。

 

仕事内容を熟知している元同僚という立場から、IT業界がどれだけ魅力的か分かること。
しかし妻として家庭をうまく回さなければという立場で随分悩みました。

 

しかし夫の熱いプレゼンを聞いて、やりたいことができた夫を全力で応援したくなってしまったのでした。(笑)

いざ東京へ

正社員を辞めて東京のスクールに通うことは2人で話し合って決めました。

 

そうなると大変なのは私です。(笑)
家計を1人で支えなくてはいけません。

 

東京で新しい派遣先を探そうと、当時働いていた派遣先に東京へいくので続けられない旨を伝えると、なんと個人事業主としてリモートで仕事をくれるというではありませんか。

 

しかも給料もアップ!まじめに働いてて良かった(T_T)

 

こうして私だけ一足先にフリーランスになったのでした。(笑)

 

そして東京へきて、切り詰めて生活し、私1人の給料だけでなんとか生活を続けることができました。

人生なるようになる

そんな夫もいまや目標だったWebエンジニアになり、フリーランスを順調に目指しています。

 

毎日楽しそうにしている夫を見ていると、世の中にはいろんな働き方があって、正社員や大企業に務めることが必ずしも良いこととは限らないんだということを思い知らされました。

 

私にとってはかなり思い切った決断でしたが、良かったと心の底から思っています。
頑張れば人生なんとでもなるなと思った出来事でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です